薬剤師としてドラッグストアに転職した理由

転職をして良かったと感じています

有名な総合病院に就職することができました | ドラッグストアを転職先として選びました | 転職をして良かったと感じています

ドラッグストアは数が多いので求人を探すことよりも選ぶことの方が大変でした。
立地によって忙しさも違うだろうという考えがあったので、より忙しくて働きがいがありそうな住宅街の中や駅前が良いだろうと考えて候補を絞り込み、その中でも大きな店舗を選ぶことにしました。
大きな店舗ほど扱っている商品が多くて商品の入れ替えも多くてやりがいがあるだろうと考えたのです。
大手に応募したところ、病院での勤務経験が生きたのか即採用になり、引き継ぎを含めてもわずか一ヶ月半で転職を遂げることができました。
予想した通り、調剤をすることよりも商品管理をすることの方が多く、いかにして売上を増やすかという点に焦点が置かれていてやりがいがあります。
特に医薬品や医薬部外品の選定に寄与することができて、薬剤師としての知識が活用できているのが魅力的な点です。
毎日、生き生きと働くことができて満足な生活を送れるようになり、転職をして良かったと感じています。