薬剤師としてドラッグストアに転職した理由

ドラッグストアを転職先として選びました

いくつもの診療科を回っていて目まぐるしく新しいことを学んでいる頃の方が充実していて仕事にもやる気があったことを考えると、常に刺激がなければ自分は満足しないという印象を持っていました。
そこで選んだのがドラッグストアです。
ドラッグストアで働いても結局同じではないかと考えるかもしれません。
しかし、きっちりと決められたスケジュールにしたがって滞りなく業務を行わなければならない病院とは違うでしょう。
毎日異なる客がやってくるというだけなら患者も違うという意味で病院と同じかもしれません。
しかし、ドラッグストアの場合には扱う商品が医薬品に限らず、化粧品や食品なども幅広く取り扱っていて、そのどれもが日々進歩して新しいものになっています。
その変化に対応しながら客の対応をしていくというのが魅力的に感じられました。
医療用医薬品の開発は滅多にありませんが、OTC医薬品は着々と増えていて、医薬部外品や健康食品も含めたら薬剤師の知識を活用する機会は多々あります。
また、昇給の頻度が高いということも聞いていたので、働いて何らかの形で成果を評価して貰えれば給料も上がるのも魅力鬼感じていた点です。
このようなことを考えてドラッグストアを転職先として選びました。

有名な総合病院に就職することができました | ドラッグストアを転職先として選びました | 転職をして良かったと感じています